2012年02月17日

2012フェブラリーSのデータ展望

出走馬決定の現時点でのデータでいいますと

演出馬はD馬になっています。
この場合、まったく演出してくれない場合は0頭ですし、演出してくれると2頭入線ということになります。

指数からすると圧倒的にトランセンドが優位ですから、私としては演出馬が努力して、レースを管理してくれると、トランセンドとDD馬の組み合わせという、きわめて省エネ組み合わせで、ゲットできるのですが。

こういうときに限って、演出馬がこないかもしれない、という指数となりますと、さて、何からいけばいいんでしょうね。
posted by MONZA at 08:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬買い目参考書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。