2012年06月01日

2012安田記念のAJ指数データから

先週の日本ダービー。
実は演出馬がたしかに不安定要素はあったものの、確率から来るだろうと読んだため、すべて縁出馬のC馬を絡めた買い目で勝負したため、久しぶりに私自身、個人的に外してしまいました。

準演出馬のB馬が2頭来るとはね。というものの、この確率も、実は50パーセント越えの入線指数を誇っていて、敗因は絞り込みすぎたということでしょう。
もっとも会員のみなさんには、余力のあるかた、投資馬券をされる方は、押さえてくださいねといっておりましたので、的中された方はたくさんいらっしゃったはずです。

さて、今回の安田記念。
データのない、いわゆる不明馬が2頭いますが、この取捨については、すでに配信しております資料で、どうすればいいかについては解説していますので、そちらをご覧いただければと思います。

今回はズバリ、演出馬、きます。

縁出馬がらみで全通り買っても、たぶん、相当の利益になるはずです。

私も先週のマイナス分を大きく取り戻す予定です。

posted by MONZA at 14:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬買い目参考書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。