2012年09月27日

2012年秋1番のG1、スプリンターズSのAJ指数分析

会員のみなさんだけにわかる言い方で申し訳ありませんが、最終的な分析は土曜日の事前オッズを参考にということになりますが、このレースもかなり不安定要素があり、「確実」というものはあまりありません。

ただ、過去のAJ指数分析データからいいますと、このレースに関していえば、指数1位の馬は、現状で3着内の入線確率は入着率49、1パーセント、43、5パーセントと、50パーセントを割る確率ながら、最有力にランクされていますので、あとがこの馬の馬群と演出馬、あるいは準演出馬のどちら狙いで行くかを吟味するのが得策というか、順当な絞り込み方になろうかと思います。

現在の演出馬と準演出馬の差は、15あり、これをデータからみますと、1頭は確実に演出馬入線があるという数字も出ています。また、準演出馬は入線確率からみると、20パーセントを割り込んでもいることから、指数1位馬と指数2位馬を軸に、絞っていくと、5つの組み合わせに絞り込みが可能です。

さらに準演出馬を含まないとすると、4つの組み合わせまで、現時点での絞り込みが可能となります。

今回はかなり狙い撃ちが可能です。

がんばって今週も大きく的中させましょう。

posted by MONZA at 15:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬買い目参考書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。