2012年09月30日

2012スプリンターズSの結果分析

今週の秋最初のG1はほとんどのみなさんが的中されたと思います。

今回の演出馬はC馬で、この出現率は最後になって、演出馬が消え、55パーセントの確率で演出馬は来ないという結果なのですが、演出馬と準演出馬の差、データ表でいいますと、35ということですが、ここで圧倒的に1頭2頭の入線を示していることから、確実に入線がある準演出馬のA馬と、指数値上の最高、今回はロードカナロアでしたが、このことから、会員のみなさんには14、16軸のC馬3点に絞って購入をお勧めしました。

共同購入は3連単を16の1着固定で、それぞれ1万円を投入したことから、ざっと100万円の配当となりました。

明日、本日から延期となった阪神競馬があります。
必要な方には特別にデータ進呈しますので、電話なりメールなりでご請求ください。
posted by MONZA at 17:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬買い目参考書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。