2012年10月23日

先週の菊花賞の結果分析と今週の天皇賞とついでにスワンSについて。

先週の菊花賞はちょっと個人的な用事、今、この競馬事業をしたいというかたのために、ちょうど菊花賞のリアルタイムのネタがよろしかろうと、開催させていただいたところ、定員を大きく越えてお集まりいただき、また、当研究所のデータの精密度に驚いていただくことができました。
特に当たるからと宣伝しているつもりはなく、あくまでお友だちレベルでつながっていけばいいということで開催しております。
また、その翌日は私が半年に一度の定期検診日に当たるため、ボログ更新もままならず、結果分析に興味をお持ちいただいている方から、若干名お問い合わせをいただいたことで、当初、スルーにしておこうと思いましたが、ここに少し解説を加えておきたいと思います。

今回の菊花賞でみえていたのは、演出馬のC馬と準演出馬のB馬、そして準々演出馬のA馬の取捨ということになりますが、B馬はまったく不在で、A馬はほとんど入線薄という状況になっていました。

指数5も人気5も、猫の目状態で、つかみ所がなかったのですが、実は演出馬のC馬とD馬は、十分軸に固定できるものがありましたので、もっとも高い出現率としては、CCD、続いてACD、最後にBCDという組み合わせとなるわけですが、最後の押さえ組み合わせ馬券が的中となりました。

ちょっと絞り込みづらかったと思いますし、配当が配当ですから、妙味としては薄かったと思いますが、ほぼ的中されているはずだと思います。

今週もがんばりましょう。

ということで、まず天皇賞(秋)とスワンSということになりますが、いつも荒れるスワンSに私は個人的には的中の期待を寄せています。
だいたい毎年的中させてもいるという意味もあります。

天皇賞(秋)の場合もスワンSの場合も、すでに出走予定馬の指数はだしていますが、今回はどちらも指数値上では順当のような感じです。
もっとも配当まで順当に行くかはわかりませんが。

今週も確実に的中させましょう。

なお、絞り込みの方法がわからない方は、別途、資料の読み方を配信させていただいています。
お気軽にお申し込みくださればと思います。

また、逐一、データの読み方講習会も行なっています。
興味ある方はお申し出くださればと思います。

お申し込みお問い合わせは
monzakeiba@yahoo.co.jp
MONZA研究所
posted by MONZA at 13:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬買い目参考書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。