2012年11月25日

2012ジャパンカップのAJ指数からの切り口

過去の例からみますと、このジャパンカップの特長としては、
(1)たとえ凱旋門賞優勝馬でも3連に絡まない。
(2)過去20年17、18番枠は3連に絡まない。
という2点がみえてきます。

つまりその原則でいいますと、オルフェーブルは「来ない」ということになります。
実を言えば、AJ指数上でも、オルフェーブルは指数7番目の順位です。
ただ、過去の結果から見えてくるのは、オッズ1番人気馬が3連に絡むのは42パーセントもあるという事実と、あわせて2番人気馬が3連に絡むのも42パーセントあり、1番人気、2番人気馬いずれかが、ほぼ間違いなく、3連に絡んでくるのは確実とみていいでしょう。

と、しますと、オフフェーブル絡みと、現在2番人気のジェンティルドンナ絡みで追いかけるのが、一般的な絞り込みかたということになるのでしょうが、それではAJ指数という怪物データが泣きます。
つまり、AJ指数は外れない。
ということからしますと、指数順位、3位までの馬が、確実に3連に絡んできていますから、その組み合わせを軸にすると、組み合わせは自然と絞り込めていくはずです。

個人的には私はジャパンカップに関しては、実は過去5年連続3連複以上ですべて的中させています。
当然、今回も絞り込んだデータで、的中狙いに転じます。

ずばり、軸は指数値1位馬、そして3位馬ということになるように思っています。

今週もがっちり的中させましょう。
posted by MONZA at 06:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬買い目参考書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。