2012年11月10日

2012エリザベス女王杯の入線確率

AJ指数でいいますと、まず、指数値のトップ3(オッズではありませんよ、くれぐれもお間違えなく)は、十分、入線頻度が高い馬ですから、絡めていただいたほうがいいでしょう。

つまり演出馬群でいいますと、ずばりABDのすべてあるいはいずれかは絡んでくるとみるべきだということになります。
となると、1頭、おいしい馬が浮上していますよね。
つまり指数値第2番手の馬ということになります。
ところがこの馬群を絡めるとなりますと、実は出現率は20パーセントとなってきます。

ということで、もっとも入線確率の高い組み合わせだけを以下に列記しておきます。

データ表から照合ください。

以下はすべて指数順位で表示しています。

もっとも出現率で高いのは、演出馬群ではACW、CDW、CEWです。
これを現在のオッズで照合してみますと、
ACWの出現率は50パーセント、CDW20パーセント、CEW50パーセントですが、これをさらに絞り込んでいくと、ACWに集約されますから、とびきりの大穴として抑えに使っていただければいいでしょう。

ちなみにこの組み合わせのオッズからみた順当列でいいますと、もっとも安い組み合わせで、3連単100万馬券になります。
もちろん私は個人的に狙いますが。

で、次に順当目ですが、現在のオッズ目では、過去、現時点でのオッズ5の入線確率は112回の出現率中1回の組み合わせもありません。
つまり、AJ指数上ではあり得ない組み合わせであるということになります。
posted by MONZA at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬買い目参考書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。