2012年10月31日

2012アルゼンチン共和国杯のAJ指数から

先週の天皇賞以来、いささか体調を崩し、さて、もう少し深い検証をと思ったのですが、体力的に叶わずお茶を濁すに留まってしまいました。

実は今週のアルゼンチン共和国杯、体調に不安が残るようなら、データ解析をお休みとも考えたのですが、ぶらぶらとはじめて、昨日、ある程度の集計が揃いました。

当研究所においては、いわゆる消去法というものを信じておりません。
これはそういうレース傾向になるというのは、ステップレースを使ってきた馬の傾向が、いくつかのパターンに分かれていて、それが結果として消去法データにつながっているものと思うからです。

で、そういう消去法的データは別として、過去のレース結果としては、ほぼ確実に1、2番人気が絡んでいるんですね。
このあたりは考慮しておいたほうがいいでしょうね。

さて、AJ指数で今回の指数分析をしますと、B馬が注目馬になっているのは事実のようです。
この馬群が演出なら、ほぼ確実に馬券に絡むことは請け合いです。

詳しくは馬番決定後にお知らせします。

この件に関するお問い合わせは
monzakeiba@yahoo.co.jp
MONZA研究所

なお、当研究所においては、あくまで人間性重視でやっておりますので、社会に順応できないマナー違反の方については、問い合わせに関しましてもお答えいたしかねる場合があります。
ご留意ください。

posted by MONZA at 10:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬買い目参考書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。